ソフトバンク 携帯電話

ソフトバンク 携帯電話高価買取中!
リアルタイムの相場を元に買取額を算出しますので、常に適正な査定が可能です! 中古のものから新品のものまで、幅広く買取させていただきます。 店頭お持ち込み、出張お買取り、宅配でのお買取り等、方法も色々お選びいただけます。 お気軽に買取査定をご利用ください!

ソフトバンク 携帯電話の商品説明

 ソフトバンクが発売する携帯電話です。

ソフトバンク株式会社は日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社で、プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の親会社でもあります。
携帯電話通信事業者としては世界3位の売上高を持ち中核事業は移動体通信事業で売り上げの6割を占めています。その他の事業も固定電話やインターネットに関わるインフラ事業、インターネット・カルチャー事業から来ています。

沿革(wikipediaから転載)

1970年代
1978年夏、孫正義が開発した電子翻訳機を売り込みに日本の電機企業を10社前後訪問する。ロゴの2本線は「海援隊」の旗に基づいていて、「ソフトバンクは、同志の船。マストに翻るのは、21世紀の海援隊」という願いが込められた。同時に「=(イコール)」を意味して、情報ネットワークを誰もが公平に楽しめる世の中を実現するための「アンサー」を導きだすのはソフトバンク、という決意と願望が込められた。
1979年2月、シャープに自動翻訳機を売込んで得た資金1億円を元手に、米国でソフトウェア開発会社の「Unison World」を設立。社名の由来は「UNIX」と孫正義の「SON」。インベーダーゲーム機を日本から輸入。

1980年代
1980年(昭和55年) - カリフォルニア大学バークレー校を卒業し日本へ帰国後、会社を設立するために福岡市南区に事務所を構えた。
1981年(昭和56年) - 福岡市博多区に事務所を移し、福岡市博多区雑餉隈で不動産・産廃業を営む母方の親戚の在日韓国人から1億円の出資を受けて、2名のアルバイト社員とともにコンピュータ卸売事業の「ユニソン・ワールド」を設立(孫正義は、これを「ソフトバンクの始まり」と位置づけている)。孫は同社員の前で、「立ち上げた会社を10年で年商500億の会社にする」と豪語した。これを聞いた二人は非現実的な法螺話と受け取り、孫の力量を見限って辞めてしまった。9月3日、株式会社日本ソフトバンク設立。上新電機を相手にソフトウェア卸売の契約を結ぶ。
1982年(昭和57年) - 当時パソコンソフト最大手のハドソンと契約。仕入れと販売先が揃う。さらに、パソコン関係の出版業務に進出し業務拡大を図った。一時期はパソコンソフト卸シェアの8割近くを占めていたと言われており、パソコンソフトの価格が下がらないのはソフトバンクに責任があるという責任追及論もあった。5月、「Oh! PC」「Oh! MZ」を創刊。
1983年(昭和58年) - 孫正義が重い慢性肝炎を患っていることが発覚し、病気療養のために孫は会長に一時退く。社長には日本警備保障(現セコム)の副社長だった大森康彦を招聘。
1986年(昭和61年) - 孫正義が社長に復帰し、大森康彦は会長に就任。
1987年(昭和62年) - フォーバルと共同でNCC-BOX(世界初のLCR)を開発。フォーバルが全国の中小法人に無償配布し、新電電からのロイヤリティで莫大な利益を出す。この資金を基にソフトバンクは急速に成長していく。

1990年代
1990年(平成2年) - ソフトバンク株式会社に社名変更。
1994年(平成6年) - 株式を店頭公開しその資金を元にM&AやIT関連企業への投資などを積極的に行う様になる。
1995年(平成7年) - Windows 95の市場立ち上げのためマイクロソフトと提携し、8月にゲームバンクを設立したが98年に業績不振で撤退。また、11月にはジフ・デイビス社に資本参加したが、収益が上がらず2000年(平成12年)に売却。
1996年(平成8年) - 米国Yahoo!社に多額の出資をし、合弁でYahoo! JAPANを設立した。このYahoo! JAPANのJASDAQ上場時の売却益により多額の資金を得ることになる。同年、メモリメーカーのキングストンテクノロジー社を買収。しかしながら、この買収は失敗に終わり、1999年にキングストンテクノロジーの創設者側へ売却。多額の赤字を出した。また、オーストラリアのメディア王ルパート・マードックと共同でテレビ朝日の株を多数購入したが、朝日新聞グループが危機感により反発したため、結局、同グループに買い戻された。
1998年(平成10年) - 東京証券取引所第1部に上場。それに伴い、ソフトバンクは純粋な持株会社に移行し、投資を主目的とした会社に位置づけられ、卸売り業・出版業などの各部門は子会社として分社化された。なお、創業事業で当時のグループ中核事業であった卸・商社機能を統括する中間持ち株会社としてソフトバンク・イーコマースを設立し、実際の事業部門としてソフトバンク・コマースをその下に置いた(両社とも、ソフトバンク コマース&サービスが当該事業を現在継承している)。また出版業についてはソフトバンク・パブリッシングを設立した(詳細はソフトバンククリエイティブを参照)。
1999年(平成11年) - 東京電力、マイクロソフトと共同で、無線による高速インターネット接続サービスの合弁会社スピードネットを設立。しかしながら2003年、東京電力に営業譲渡し清算手続き。

2000年代
2000年(平成12年) - 経営破綻した日本債券信用銀行(現・あおぞら銀行)に、株式を長期保有することを条件に筆頭株主として出資。2月にはソフトバンク株が1株19万8,000円の高値を付ける。当時、株式時価総額はトヨタ自動車に継ぐ第2位となっており、インターネット・バブルと称されている。
2003年(平成15年) - あおぞら銀行株を米国の投資ファンドに売却。この売却益はブロードバンド事業(ソフトバンクBB)の運転資金として投入されたと見られる。
2004年(平成16年) 2月27日 - 子会社のソフトバンクBBによるYahoo! BB顧客情報漏洩事件が発生。Yahoo! BB登録者から450万人もの個人情報が漏洩、この情報に対しYahoo! BBに現金を要求していたソフトバンク子会社元社員らが逮捕された。個人情報が漏洩した原因として、ソフトバンク社員であれば誰でも閲覧できるような状況であったことを発表。後日、個人情報の管理を厳守するように徹底されることになった。
5月27日 - 日本テレコム(現:ソフトバンクテレコム)の買収を発表。同社発行済み普通株式約1億4,400万株すべてを取得し、同年7月に完全子会社化。
11月29日 - 以前、買収交渉がされていた平成電電から、「交渉の過程でアイデアを盗まれた」とし不正競争防止法に基づき提訴される。この裁判は、2006年3月30日東京地裁にて請求却下の判決が出て平成電電が敗訴した。
12月24日 - 福岡ダイエーホークスを200億円(ダイエーの持つ球団株式98%を50億円、コロニー・キャピタルが持つ興行権を150億円)で買収することが決定した。新チーム名は「福岡ソフトバンクホークス」。

2005年(平成17年) 1月28日 - ダイエーからホークス球団の株式譲渡が行われた。また、30年間の福岡ドーム使用契約も結ぶ。(1年間の球場使用料は48億円)
3月 - 本社を東京都中央区日本橋箱崎町24番1号から現在地に移転。
11月10日 - 系列のBBモバイルがイー・モバイル(イー・アクセスの子会社)及びアイピーモバイルとともに、総務省より携帯電話事業への新規参入に関する特定基地局の開設計画の認定を受け、これにより、BBモバイルに1.7GHz帯の周波数が割り当てられた。

2006年(平成18年) 4月27日 - ボーダフォン株式会社(現・ソフトバンクモバイル株式会社)の顧客基盤や設備、人材、ノウハウ等を活用し、大規模での事業開始を図るため、新規参入の方針を転換してボーダフォン日本法人を1兆7,500億円で買収。これによりソフトバンクは携帯電話事業者への仲間入りを果たし、翌日にはBBモバイルに割り当てられていた新規事業者向けの帯域である1.7GHz帯について、総務省への返納を発表した。
5月12日 - 福岡市に設立を予定していた、すべての講義がインターネットによる通信教育で行われる「サイバー大学」の設置認可申請が文部科学省に受理されたことを発表。同年11月末には認可を取得し、2007年4月より開学。初代学長には、エジプト考古学を研究する元早稲田大学教授の吉村作治が就任。
7月12日 - 総務省の電波監理審議会答申に基づき、BBモバイルの携帯電話事業への新規参入に関する特定基地局の開設計画の認定の取消しが発表された。これにより、1.7GHz帯の周波数が返納されることとなる。
10月1日 - ボーダフォン、日本テレコムが、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクテレコムにそれぞれ改称。ソフトバンクBBを含め、主要通信子会社全ての代表を孫正義が兼ねることとなる。
10月2日 - 東京証券取引所における所属業種が卸売業から情報・通信業に変更。
11月7日 - 世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(略称:SNS)である「MySpace」の運営会社「エフ・アイ・エム・インターナショナルB.V.」と合弁会社の設立を発表。また、同日にMySpaceの日本語版として「マイスペースジャパン」のベータ版サービスを開始。

2007年(平成19年) 5月 - 携帯電話の月間純増数でソフトバンクモバイルが16万台を記録し、NTTドコモの8万台、auの14万台を抜いて1位になった。
9月20日 - モバイルWiMAX企画会社「オープンワイヤレスネットワーク株式会社」(略称:OpenWin)を、イー・アクセスと共に設立(9月28日には同社にゴールドマン・サックス、シンガポール政府系投資会社テマセク・ホールディングス、NECビッグローブ、ソネットエンタテインメント、ニフティ、フリービットが増資)。

2010年代
2010年(平成22年) 3月12日 - ウィルコムと再生支援に関する基本合意書を締結する。
12月 - 更生計画に基づき、減増資を行い、ウィルコムを完全子会社にする。

2012年(平成24年) 10月1日 - イー・モバイルを運営するイー・アクセスを、株式交換により2013年2月までに完全子会社にすることを発表。また、子会社のソフトバンクモバイルとイー・アクセスの業務提携を発表。そのことで、ソフトバンクモバイルとイー・アクセスを合算した契約数が約3400万件と業界2位のau(KDDI)の約3600万件に肉薄。PHSのウィルコムも含めると契約数は約3900万件と、auを上回る通信事業体グループになる。
10月15日 - アメリカ合衆国第三位の携帯電話会社スプリント・ネクステルの株式を7割取得し、子会社化することを発表。買収費用は約1兆5709億円。取引完了は2013年半ばを見込んでいる。予定通りに実施されれば、世界第三位の携帯電話グループの誕生になる。
11月2日 - イーアクセスの完全子会社化の予定を2012年12月25日に前倒しを発表。

2013年(平成25年) 1月1日 - イー・アクセスを株式交換により完全子会社化。
1月17日 - イー・アクセスの議決権付株式のうち66.71%を日本国内外11社に譲渡し、当社の完全子会社から持分法適用関連会社となる。
7月1日 - 東京地方裁判所はウィルコムに対する会社更生法による会社更生手続終結を同日付で決定。それに伴い同社を連結子会社とした。
7月11日 - スプリント・ネクステルの買収完了。世界第3位の携帯電話グループとなる。
10月15日 - ガンホー・オンライン・エンターテイメントと共同で、スマートフォン向けゲーム開発のフィンランドSupercellを傘下にすると発表した。
11月20日 - 7月に設立したアスラテックを通してロボット事業に参入。

2014年(平成26年) 4月1日 - ソフトバンクBBのコマース&サービス部門をソフトバンクコマース&サービスとして新設分割。
6月1日 - イー・アクセスがウィルコムを吸収合併。1ヶ月後の7月1日に社名をワイモバイルに変更。
6月5日 - 対話型パーソナルロボット「Pepper」を発表、2015年(平成27年)2月から一般販売される予定。製造は鴻海精密工業(台湾)。
7月18日 - Googleのニケシュ・アローラをバイスチェアマンとして招聘

2015年(平成27年)4月1日 - ソフトバンクモバイルが、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルを吸収合併。

ソフトバンク 携帯電話の買取製品一覧

202SH / 202Z / 301P / 301SH / 301Z / 108SH / 105SH / 005Z / 740SC / 109SH / 004SH / 101Z / 103P / 001P / 731SC / 941SH / 002P / 945SH / 912SH / 840P / N82 / 730SC / 002SH / 931SH / 941SC / 911SH / 001SH / 830SC / 943SH / 705NK / 008SH / 816SH / 821SC / 822P / 830P / 831SH / 911T / 812T / 202SH / 940SC / 940SH / 922SH / 934SH / 812SH / V402SH / 841SH / 001SC / 841N / 944SH / 831P / 923SH / 815T / 932SH / 840SH / 942SH / 933SH / 910SH / X02NK / 920T / 940P / 707SC II / 930SH / 830SH / 705P / 942P / 823P / 931SC / 912T / 931P / 810SH / 702NK / 840SC / 930CA / 913SH / 830CA / 920SH / 702NK II / 810P / 830N / 821T / 921T / 921SH / 905SH / 001N / 940N / 843SH / 945SH / 708SC / 941P / 825SH / 832SH / 740N / 004SH / 705SH / 810T / 820SC / J-SH07 / 920SC / 936SH / 002P / 840Z / 707SC / 832P / 913SH / 821SH / 803T / 820T / 930SC / 935SH / 709SC / 820P / 920P / 741N / 842P / 921P / 820SH / 830T / 842SH / 705SC / 814T / 841SH s / 930P / 830SH s / 905SH / 931N / 824SH / V401SH / 902T / 832SH s / 821P / 811SH / 813SH / X03HT / 804SS / 903SH / J-SH05 / 705N / 805SC / 811T / 813T / 804SH / 902SH / 812SHs / J-T010 / 824P / 705Px / 706SC / 821N / 823SH / V502T / V601SH / 703SH / 831T / 831N / 904SH / 910T / V301SH / 705SH / 804NK / J-SA51 / J-SH09 / J-SH52 / J-SH53 / 815SH / 821N / 822SH / 822T / 802SE / 812SHsII / J-SH06 / 823T / 830SH / V501SH / V601N / V603T / V801SH / 703SHf / 802SH / 904T / 831SH s / J-SA04 / J-SH03 / 705T / 814SH / 840N / 841P / 930N / V403SH / V603SH / 904SH / J-N51 / J-NM02 / J-SA03 / J-SH04 / J-SH51 / 803T / 820N / 840P / V-NM701 / V501T / V602SH / 832T / J-D06 / J-D08 / J-K51 / J-N02 / J-N04 / J-P02 / J-SH010 / J-SH02 / J-T05 / J-T07 / 706P / 824T / V301D / V601T / 702MO / 804N / 812SH / J-D03 / J-K04 / J-N05 / J-P51 / J-SA02 / J-SH08 / J-T08 / J-T51 / V303T / 304T / 706N / 804N / 831SH KT / 942SH KT / V301T / V302SH / V401SA / V604SH / V801SA / 703N / 802N / 903T / V602T / 920SH YK / J-D04 / J-D05 / J-D31 / J-DN02 / J-DN03 / J-DN31 / J-K02 / J-K03 / J-K05 / J-K31 / J-N03 / J-N03II / J-NM01 / J-P03 / J-PE02 / J-PE03 / J-PE03II / J-SA05 / J-SA06 / J-SH03GY / J-SH04B / J-T03 / J-T04 / J-T06 / J-T09 / 707SC / V-N701 / V-SA701 / V301D / V302SH / V302T / V401D / V401T / V604T / 702sMO / 705T

ソフトバンク 携帯電話の買取地域

お近くの買取コムはこちら
 
 
ソフトバンク 携帯電話をもう使わない?売れないか?
が売り時サインです。すぐお持ち下さい。
不用品や処分品などもあわせてご依頼頂くと、
まとめてスッキリ!お力になれます。

ソフトバンク 携帯電話の高額で売れるポイント

POINT1
キレイな状態に掃除がポイント
できる限り綺麗な状態で、商品をお預かり頂けると買取査定UP が可能です!
POINT2
取扱い説明書・外箱など付属品があると査定アップ!
中古品でも、付属品が購入された時の状態に近いほど、査定アップ致します。
説明書 ケーブル リモコン 外箱 保証書などの詳細も、ご連絡お願い致します。
※ 液晶テレビなど、外箱が付属しない状態でも高価買取のケースもございます。
※ また未使用でもバッテリー消耗[劣化寿命]する場合がございますのでご注意下さい
POINT3
家電なら、製造から約5年位まで高額買取の対象となります。
※ それ以上の期間で、買取できる商品もございますのでご相談下さい。
POINT4
まとめて複数、店頭へお持込みで、さらに高額査定
※ 2~3点以上の商品をまとめてご依頼ください。さらに査定UPにて買取致します。
※ 家電以外も取扱い商品が多々ございます、まとめて・買取コムがお得です!
POINT5
他のショップと買取金額を比較してみて下さい
※ あらかじめ、商品名・メーカー・型番(型式)・製造年・付属や保証の有無を
ご確認の上、分かる範囲でメモしてご連絡頂けるとスムーズです!

出張買取の対象地域

【神戸市】兵庫区 長田区 中央区 灘区 東灘区 北区 西区 垂水区 須磨区
【神戸市近郊】 芦屋市 西宮市 宝塚市 尼崎市 川西市 明石市 加古川市 稲美町 播磨町 高砂市 姫路市
【大阪市内】 北区 浪速区 中央区 福島区 此花区 旭区 都島区 城東区 鶴見区 東淀川区 淀川区 西淀川区 東成区 生野区 天王寺区 平野区 東住吉区 阿倍野区 住吉区 西区 港区 大正区 西成区 住之江区
【大阪府】 池田市 箕面市 茨木市 高槻市 枚方市 豊中市 吹田市 摂津市 寝屋川市 交野市 四条畷市 大東市 門真市 守口市 豊能町 能勢町 島本町 東大阪市 八尾市 松原市 藤井寺市 柏原市 羽曳野市 太子町 河南町 千早赤阪村 富田林市 大阪狭山市 河内長野市 高石市 泉大津市 和泉市 貝塚市 岸和田市
【堺市内】堺区 北区 中区 西区 東区 南区 美原区 他もお問合せ下さい。