ニッカウイスキー/NIKKA ウイスキー 余市 20年/YOICHI 20 years old

ニッカウイスキー/NIKKA ウイスキー 余市 20年/YOICHI 20 years old高価買取中!
リアルタイムの相場を元に買取額を算出しますので、常に適正な査定が可能です! 中古のものから新品のものまで、幅広く買取させていただきます。 店頭お持ち込み、出張お買取り、宅配でのお買取り等、方法も色々お選びいただけます。 お気軽に買取査定をご利用ください!
これいくら?って思ったら、お問合せください!買取額をお伝えいたします!
0120-9898-86 (AM9:00~PM22:00)
送信フォーム
24時間受付中

ニッカウイスキー/NIKKA ウイスキー 余市 20年/YOICHI 20 years oldの商品説明

 ニッカウイスキー株式会社が発売するニッカ シングルモルト 余市 20年です。
ニッカウイスキー株式会社は、日本の洋酒メーカーでアサヒグループの機能子会社です。

1934年に北海道余市郡余市町に前身である「大日本果汁株式会社」が設立され、同社の略称「日果(にっか)」の片仮名書きが現在のブランド名になっています。2001年、筆頭株主のアサヒビール株式会社が全株式を取得して完全子会社化されたことでニッカウヰスキーが製造する商品の販売はアサヒビールが行なっています。

余市は1989年に発売を開始されました。
潮風が届く貯蔵庫で眠り、熟成を経た「シングルモルト余市」は「石炭直火蒸溜」由来の豊かな香りと力強く重厚な味わいが特徴です。
北の自然と創業以来の伝統製法が生み出す、ニッカの原点ともいえる余市蒸溜所のモルトのみを使用しており、シングルモルトウイスキーで2014年現在は20年・15年・12年・10年がラインナップされています。
1987年製造分が2008年WWA(ワールド・ウイスキー・アワード)で世界最優秀賞(WORLD'S BEST SINGLE MALT WHISKY)を受賞しました。


概要(wikipediaから転載)
寿屋(サントリーホールディングスやサントリー酒類の前身)でウイスキー製造に従事していた竹鶴政孝が、よりスコットランドに近い気候の北海道で、よりよいウイスキー作りをするために退社し、資本を集めて北海道余市で創業したのが始まりである。最初期の筆頭株主は、加賀証券社長の加賀正太郎。加賀は社内では「御主人様」と呼ばれ、創業者の竹鶴は専務と呼ばれた。

ウイスキーは製造開始から出荷まで数年かかるため、最初期は余市周辺の特産品であったリンゴを原料に、リンゴジュース(商品名は日果林檎ジュース、のちに敵性語排斥によって日果林檎汁に改名)、リンゴワイン、リンゴゼリーなどを製造・販売していた。しかし、創業者竹鶴の品質へのこだわりはリンゴジュースにも及び、高価な果汁100%ジュースしか出荷しなかったため、あまり売れなかったという。

1940年(昭和15年)にウイスキーの出荷を開始。製品はリンゴジュースの商品名「日果」をカタカナにし、ニッカウヰスキーと名づけられた。直後にウイスキーは統制品となり、大日本果汁は海軍監督工場となった。当時スコッチウイスキーの国内最大の消費者は帝国海軍であったが、イギリスからのウイスキー輸入が途絶えたため、日本国産ウイスキーへの需要が高まった。このときは将校への配給用の酒を製造するために優先的に原料の大麦が割り当てられたため、事業の継続が可能となった。

1943年(昭和18年)、竹鶴政孝が社長に就任。

終戦後、他社から相次いで低質の三級ウイスキーが発売されるが、品質にこだわり、低価格商品を投入しなかったため再度経営が苦しくなる。加賀は経営上の理由から再三、三級の発売を要求。1950年(昭和25年)と1951年(昭和26年)に、低質の三級ウイスキー(商品名ニッカポケット壜ウヰスキー、ニッカ角壜ウヰスキー)を発売するが、原酒を当時の税法の制限いっぱいの5%ぎりぎりまで入れた。着色料も粗悪品ではなく、わざわざ砂糖を原料に自社生産したカラメルを使用したという。

1952年(昭和27年)、ニッカウヰスキーに商号変更し、本社を東京都中央区日本橋に移転。同年、港区麻布(2013年10月現在の六本木ヒルズ所在地)に東京工場を設置した。この工場は瓶詰めを行うためのものであった。余市から東京への輸送コストを抑えるのが主目的であるが、当時、ウイスキーは出荷時に課税されていたため、輸送時の破損分への課税を防ぐためにも、大消費地に瓶詰め工場を置くことが必要であった。

1954年(昭和29年)、病床にあった加賀が自らの死期が近いことを知り、死後の株券の散逸を防ぐため、他の主要株主と共に朝日麦酒(現:アサヒグループホールディングス)に保有全株式を売却。この時点で朝日麦酒は過半数の株を持つことになり、ニッカは朝日麦酒グループ入りすることになった。御主人様とまで呼ばれた事実上の社主の突然の行動に、ニッカ社内は騒然となるが、社長の竹鶴は、当時の朝日麦酒社長が知人であることから全く動じなかった。加賀は敢えて竹鶴の知人を売却相手に選んだのだと考えられている。朝日麦酒は役員1名を派遣したのみで製造には口を出さなかった。

当時、ニッカの二級ウイスキー(かつての三級ウイスキー)は他社製より高く、あまり売れていなかった。朝日麦酒から派遣された弥谷醇平が、「売り上げが倍になれば、品質を落とさなくても他社と同価格で販売できる」と竹鶴を説得。1956年(昭和31年)、新二級ウイスキーの丸びんウヰスキー(通称、丸びんニッキー)を、業界首位の寿屋の主力商品・トリスウイスキーと同価格で発売した。積極的なセールス活動を行った結果、実際にニッカの二級ウイスキーの売り上げは1年で倍増し、ニッカの販売額も業界3位から2位に浮上した。またこれにより他社のセールス活動も激化。ウイスキー販売戦争となった。当時、洋酒ブームが起きており、ニッカ以外も含めた日本でのウイスキー消費量全体も増加した。

1959年(昭和34年)、筆頭株主の朝日麦酒が資本投下を行い、西宮工場が竣工。1963年(昭和38年)にはここでグレーンウイスキーが製造できるようになり、ブレンドの幅が広がった。なお、グレーンウイスキー製造設備は、1999年(平成11年)に仙台工場に移設された(より正確には、竣工当時の西宮工場は朝日麦酒100%子会社の朝日酒造の工場で、ニッカとは同系列企業で社長が兼任(竹鶴政孝)というだけで直接の資本関係はない)。

1960年(昭和35年)、朝日麦酒より朝日シードル株式会社の事業を譲受される。創業時から手がけていたアップルワインやシードル、アップルブランデーの製造を余市から旧朝日シードルの弘前工場に移管した。

1964年(昭和39年)、日本初のモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたウイスキー、ハイニッカを発売。翌1965年(昭和40年)には同じく2種のウイスキーをブレンドしたブラックニッカを発売する。

ハイニッカ、ブラックニッカに対し、業界首位のサントリーも対抗製品を発売して応戦。再びウイスキー販売戦争が起こった。

1967年([昭和42年)、東京工場を千葉県柏市に移転。

1969年(昭和44年)には、余市蒸溜所に続いて2番目の蒸溜所となる宮城峡蒸溜所(仙台工場)が宮城県宮城郡宮城町(現・宮城県仙台市青葉区)に竣工。この工場の建設候補地を見学に来た際、創業者の竹鶴政孝が、この地を流れていた新川川の流れを見て、突然、その水で水割りを作って飲みはじめ、その場で建設を決めたという。このとき、竹鶴はその川の名が新川ということを知らなかった。地元の人に川の名を尋ねると、「にっかわ」という答えが返ってきたので、何故、既にニッカが工場を作ることが知られているのかと驚いたという逸話も残っている。

1989年(平成元年)、しばらく前に操業を停止していたスコットランドのベン・ネヴィス蒸溜所を買収。

2001年(平成13年)、かねてから関係の深かったアサヒビールがニッカの全株式を取得。完全子会社化し、ニッカは完全にアサヒビールグループの一員となった。

2011年(平成23年)7月1日に親会社のアサヒビール株式会社(旧法人)は持株会社移転により「アサヒグループホールディングス株式会社」に商号を変更し、ニッカはアサヒビール株式会社(新法人)の機能子会社となった。

ニッカウイスキー/NIKKA ウイスキー 余市 20年/YOICHI 20 years oldの買取製品一覧

余市 20年 700ml

ニッカウイスキー/NIKKA ウイスキー 余市 20年/YOICHI 20 years oldの買取地域

お近くの買取コムはこちら
 
 
ニッカウイスキー/NIKKA ウイスキー 余市 20年/YOICHI 20 years oldをもう使わない?売れないか?
が売り時サインです。すぐお持ち下さい。
不用品や処分品などもあわせてご依頼頂くと、
まとめてスッキリ!お力になれます。

ニッカウイスキー/NIKKA ウイスキー 余市 20年/YOICHI 20 years oldの高額で売れるポイント

POINT1
キレイな状態に掃除がポイント
できる限り綺麗な状態で、商品をお預かり頂けると買取査定UP が可能です!
POINT2
取扱い説明書・外箱など付属品があると査定アップ!
中古品でも、付属品が購入された時の状態に近いほど、査定アップ致します。
説明書 ケーブル リモコン 外箱 保証書などの詳細も、ご連絡お願い致します。
※ 液晶テレビなど、外箱が付属しない状態でも高価買取のケースもございます。
※ また未使用でもバッテリー消耗[劣化寿命]する場合がございますのでご注意下さい
POINT3
家電なら、製造から約5年位まで高額買取の対象となります。
※ それ以上の期間で、買取できる商品もございますのでご相談下さい。
POINT4
まとめて複数、店頭へお持込みで、さらに高額査定
※ 2~3点以上の商品をまとめてご依頼ください。さらに査定UPにて買取致します。
※ 家電以外も取扱い商品が多々ございます、まとめて・買取コムがお得です!
POINT5
他のショップと買取金額を比較してみて下さい
※ あらかじめ、商品名・メーカー・型番(型式)・製造年・付属や保証の有無を
ご確認の上、分かる範囲でメモしてご連絡頂けるとスムーズです!

出張買取の対象地域

【神戸市】兵庫区 長田区 中央区 灘区 東灘区 北区 西区 垂水区 須磨区
【神戸市近郊】 芦屋市 西宮市 宝塚市 尼崎市 川西市 明石市 加古川市 稲美町 播磨町 高砂市 姫路市
【大阪市内】 北区 浪速区 中央区 福島区 此花区 旭区 都島区 城東区 鶴見区 東淀川区 淀川区 西淀川区 東成区 生野区 天王寺区 平野区 東住吉区 阿倍野区 住吉区 西区 港区 大正区 西成区 住之江区
【大阪府】 池田市 箕面市 茨木市 高槻市 枚方市 豊中市 吹田市 摂津市 寝屋川市 交野市 四条畷市 大東市 門真市 守口市 豊能町 能勢町 島本町 東大阪市 八尾市 松原市 藤井寺市 柏原市 羽曳野市 太子町 河南町 千早赤阪村 富田林市 大阪狭山市 河内長野市 高石市 泉大津市 和泉市 貝塚市 岸和田市
【堺市内】堺区 北区 中区 西区 東区 南区 美原区 他もお問合せ下さい。
これいくら?って思ったら、お問合せください!買取額をお伝えいたします!
0120-9898-86 (AM9:00~PM22:00)
送信フォーム
24時間受付中