Lenovo/レノボ ノートパソコン ThinkPad/IdeaPad/Lenovo

Lenovo/レノボ ノートパソコン ThinkPad/IdeaPad/Lenovo高価買取中!

Lenovo/レノボのノートPCの高価買取は買取コム

大阪、神戸、西宮でLenovo/レノボのノートPCを買取強化中です。

高価買取の秘訣

至ってシンプル
【余計な経費を削ってお客様へ】
今すぐ実感!入力1分!

大手に負けない簡単な理由

・広告費
・その他余計な経費
 を徹底削減!

他では絶対にやらない

実際の買取価格情報公開!!
他社のほうが高かったらご連絡ください!

安全安心の接客対応

親切丁寧、親身になって査定します
感謝のお声もたくさん頂いております。
これいくら?って思ったら、お問合せください!買取額をお伝えいたします!
0120-9898-86 (AM9:00~PM22:00)
送信フォーム
24時間受付中

Lenovo/レノボ ノートパソコン ThinkPad/IdeaPad/Lenovoの商品説明

 ThinkPadは、1992年にIBMによって開発・販売され、2005年から、IdeaPadは、消費者向けの新しいブランドとして、2008年からレノボによって開発・販売されているノートパソコンです。

ノートPCのラインナップは以下のとおり(LenovoのHPより転載)。

●ThinkPadシリーズ
・X シリーズ(ハイパフォーマンス・モバイルノートパソコン)…携帯性に重点を置きながらもThinkPadクオリティを妥協なく装備したウルトラブックや、ウルトラ・ポータブルモデル
・T シリーズ(ハイパフォーマンス・ノートパソコン)…より大きな解像度の作業環境に携帯性を兼ね備えたThinkPadの代表的モデル
・E シリーズ(スタンダード・ノートパソコン)…最新の第5世代 インテル プロセッサーを搭載した、さらに薄く、軽くなったモデル。スタイリッシュな筐体デザインにしっかりとした堅牢性を備えたスタンダード・モデル。
・Edge/Eシリーズ(スタンダード・ノートパソコン)…先進のデザインと機能に、ThinkPadらしい使いやすさと信頼性を兼ね備えたモデル
・L シリーズ(メインストリーム・ノートパソコン)…高い堅牢性と信頼性、定評のあるキーボードを優れたコストパフォーマンスで実現
・W シリーズ(モバイル・ワークステーション)…高度なグラフィック機能を搭載したプロ仕様のモバイル・ワークステーション
・Yoga(マルチモード・ウルトラブック)…シーンに合わせ、スタイル自由自在。画期的な12.5インチUltrabook

●Lenovoシリーズ
・Bシリーズ(スタンダード・ノートパソコン)…充実の機能を備えた、コストパフォーマンスに優れたノートパソコン
・Sシリーズ(スタイリッシュ・モバイルノートパソコン)…薄くて軽い。どこへでも気軽に持ち運べるリーズナブルなモバイルノート。メールやインターネットなど、場所を選ばずに始められます。
・Yシリーズ(ハイエンド・ノートパソコン)…CPU、グラフィックス、ディスプレイ、そしてオーディオ。すべてにおいて最高峰の性能を誇るフラッグシップノートPC。特にマルチメディアやゲームなど、処理能力を求められる用途において、真価を発揮します。
・YOGA(コンバーチブル・ウルトラブック)…4つの顔を持つ、ただ1つのマシン。4つの異なるモードを自由に切り替えて使える常識を変える一台です。革新的な設計で、これまでにない体験をお届けします。
・Gシリーズ(お買求め易い ノートパソコン)…充実の機能を備えたベーシックノート。
・Flex(コンバーチブル・ノートブック)…2つのモード(PCスタイル・スタンドスタイル)、PCライフを、もっと自由に、スタイリッシュに。
・Uシリーズ(先進のウルトラブック)…他とは一線を画すスタイリング。デザイン性を追求した極薄Ultrabook。
・Zシリーズ(スタイリッシュ・ノートパソコン)…好みのカラーリングを選択可能。手頃な価格で高いパフォーマンスを実現

●IdeaPadシリーズ
・Flex…ノートPCスタイルで普通に自分が使うパターンと、スタンドスタイルでプレゼンテーションなどで人に見せるための使い方の2種類。


------------------------------------------------------------------
ThinkPad(wikipediaより転載)

特徴
つや消し黒の筐体を基調に、赤いトラックポイントをアクセントとして配する重厚なデザインが外観的特徴である。IBMはかつてはタイプライターのメーカーでもあり、携帯性を重視するノートパソコン業界においてもキーボードに関しては安易な妥協には頑固に拒否し続けてきた。特に長時間のタイピングでもユーザーにストレスを感じさせないキーメカニズムには定評があるが、ThinkPadのキーボードでも、基本的にすべてのモデルでフルサイズキー 、かつ キーストロークが大きめの7列配列のキーボードを採用しており、Insert/DeleteキーやPageUp/PageDownキーなどの幾何学的配置がデスクトップ用キーボードと大きく変わらないように工夫されている。ThinkPadはビジネス向けが中心であり、レノボ製となった現在も厳しい品質テスト(トーチャーテスト=別名「拷問テスト」)などにより、高品質・高信頼性と言われる事が多い。また“保守マニュアル”と称される冊子が発行されており、本体の分解図や各部分を構成する部品番号が公開されており、現行もしくは少々型落ちの機種でもPDF形式でレノボのサイトよりダウンロードできる。更に部品センターに電話をすれば、予備用バッテリーからキーボードや部品固定用のビス1本に至る保守用部品まで、多くの部品をバラ売りしてもらえるため、少々機械いじりに自信のあるユーザーなら、自己責任にはなるが、前述の保守マニュアルを参照しながら故障箇所を修理・交換することもできる。

歴史
「ThinkPad」のブランド名が最初に登場したのは、1992年10月のThinkPad 700、700C、700Tである。キーボード中央の赤いトラックポイントはこの時より登場した。ThinkPadは日本で開発されたが、世界共通ブランドとして全世界で発売された、公式な「初代ThinkPad」は当モデルである。2004年12月8日、IBMとレノボはパーソナルコンピュータ事業のレノボによる買収を含む戦略的提携を発表した。この対象にはThinkPadやNetVistaなどの製品、ブランド、PC部門(IBM PC事業部、PCC)が含まれ、PCサーバのeServer xSeriesなどは含まれなかった。この結果、ThinkPad開発の主体を担っていた日本IBM大和事業所の技術者の大半もレノボ社に移籍した。レノボに移管されてから発表されたThinkPad Zシリーズより、ワイド液晶、Windowsキーの搭載など、従来のThinkPadには無かったものが取り入れられた。2009年現在では、ワイド液晶と、Windowsキーは多くのThinkPadに採用されている。現在のシリーズ構成は、エントリーモデルのSLシリーズ、スタイリッシュなEdgeシリーズ、スタンダードモデルのLシリーズ、ハイパフォーマンスモデルのTシリーズ、携帯性に優れたXシリーズ、XタブレットシリーズハイエンドモデルのWシリーズである。2008年1月には、レノボがIBMから受け継いだビジネス向けPCのブランドの「Think」に対して、消費者向けPCの新しいブランド「Idea」が発表され、両者の位置づけが明確化された。2012年11月5日「ThinkPad」20周年を記念して、中国で生産されているThinkPadの一部を、山形県米沢市にあるNECパーソナルコンピュータ米沢事業所で受注生産することを発表した。

Lenovoプレリリースより
2015年2月10日、NECパーソナルコンピュータ株式会社米沢事業場(山形県米沢市)で生産される「ThinkPad」シリーズのCTO生産の受注開始を発表。今回、米沢生産モデルとしてCTO生産の受注を開始するのは「ThinkPad X1 Carbon」と「ThinkPad X250」の2機種。
------------------------------------------------------------------

Lenovo(wikipediaより転載)
レノボ(英:Lenovo Corporation、日本漢字:聯想集団または連想集団)は、中国のパーソナルコンピュータ (PC) メーカー。中国ではスマートフォンメーカーとしても認知されている。日本法人はレノボ・ジャパン株式会社である。

概要
1984年、国の機関である中国科学院の計算機研究所の11名の研究員が20万人民元をもって設立した。外国ブランドの販売から出発し、1989年香港で独自ブランドを発売。1990年中国内でも独自ブランドの販売に踏み切った。1994年香港株式市場に上場し、1997年には聯想ブランドが中国内のパソコン売上トップを記録、2000年のビジネスウィーク誌は聯想集団を世界IT企業100社中、8位にランクした。聯想集団は長らく「Legend」というブランドを使用していたが、2003年、国外事業の強化に伴い、商標紛争が生じるおそれのあるこの名称を廃し「Lenovo」を採用した。2004年4月1日には英語社名も「Legend」から「Lenovo」に改めた。「Lenovo」は混成語で「le」は「Legend」から、「novo」は「新しい」を表すラテン語の「nova」から採られた。2004年の聯想集団によるIBM社のPC部門の買収により、株式の42.3%をレジェンドホールディングスという持株会社が保有しており、同持株会社の筆頭株主(65%)は中国政府機関の中国科学院である。中国政府は間接的に聯想集団の27.56%を保有しており、筆頭株主である。IBMは第2位の株主(議決権を有しない優先株)である。また買収により、同社のPCの世界市場シェアは、単純計算でデル、ヒューレット・パッカードに次ぐ3位となった。2014年1月30日、Googleから、同社の携帯電話端末部門であるモトローラ・モビリティを29億1000万USドルで買収することを発表、アメリカ合衆国内の携帯電話事業にも参入することとなり、Googleが今後もモトローラのモバイル特許の大半を所有するものの、買収によりレノボも2000件以上の特許資産を取得することとなった。

(ITmedia エンタープライズより転載)
2015年2月、Lenovoのコンシューマー向けノートPCにプリインストールされていたソフトウェアの中に、暗号化された通信を傍受する不正なアドウェアが含まれていたことが分かったとして、セキュリティ研究者がブログなどで報告した。Lenovoも2月19日、同ソフトウェアの存在を確認し、プリインストールを1月で中止していたことを明らかにした。LenovoがWebサイトに掲載した声明によると、Superfishが入っていたのはノートPCのG、U、Y、Z、Sの各シリーズと、Flexシリーズ、Yogaシリーズ、Eシリーズなどの製品。9月~12月にかけて一部のモデルにプリインストールされたとしている。しかしユーザーに不評だったため、サーバサイドでSuperfishを無効にする措置を取り、1月からはプリインストールを中止したという。今後同ソフトウェアのプリインストールは行わないと表明している。

Lenovo/レノボ ノートパソコン ThinkPad/IdeaPad/Lenovoの買取製品一覧

ThinkPad W540 / ThinkPad W550s / ThinkPad X1 Carbon / ThinkPad T450s / ThinkPad X250 / ThinkPad T440s / ThinkPad X1 Carbon Touch / ThinkPad X240 / ThinkPad T550 / ThinkPad T450 / ThinkPad X230 / ThinkPad T540p / ThinkPad X240s / ThinkPad T440p / ThinkPad Yoga 12 / ThinkPad Yoga / ThinkPad T430 / ThinkPad L530 / ThinkPad E550 / ThinkPad X230i / ThinkPad L540 / ThinkPad E450 / ThinkPad E540 / ThinkPad Edge E220s / ThinkPad T430s / ThinkPad L440 / ThinkPad Edge E530c / ThinkPad E555 / ThinkPad E455 / ThinkPad Edge E530 / ThinkPad E440 / IdeaPad Yoga 2 Pro / IdeaPad Yoga 11S / IdeaPad Z500 Touch / IdeaPad Flex 14 / IdeaPad U330p / IdeaPad Flex 10 / Lenovo YOGA 3 Pro / Lenovo YOGA 2 13 / Lenovo Y50 / Lenovo YOGA 2 11 / Lenovo G50 / Lenovo G510 / Lenovo G500 / Lenovo G500s Touch / Lenovo B590 / Lenovo B40 / Lenovo G505 / Lenovo S20 / Lenovo B50 / Lenovo Flex 10

Lenovo/レノボ ノートパソコン ThinkPad/IdeaPad/Lenovoの買取地域

お近くの買取コムはこちら
 
 
Lenovo/レノボ ノートパソコン ThinkPad/IdeaPad/Lenovoをもう使わない?売れないか?
が売り時サインです。すぐお持ち下さい。
不用品や処分品などもあわせてご依頼頂くと、
まとめてスッキリ!お力になれます。

Lenovo/レノボ ノートパソコン ThinkPad/IdeaPad/Lenovoの高額で売れるポイント

POINT1
キレイな状態に掃除がポイント
できる限り綺麗な状態で、商品をお預かり頂けると買取査定UP が可能です!
POINT2
取扱い説明書・外箱など付属品があると査定アップ!
中古品でも、付属品が購入された時の状態に近いほど、査定アップ致します。
説明書 ケーブル リモコン 外箱 保証書などの詳細も、ご連絡お願い致します。
※ 液晶テレビなど、外箱が付属しない状態でも高価買取のケースもございます。
※ また未使用でもバッテリー消耗[劣化寿命]する場合がございますのでご注意下さい
POINT3
家電なら、製造から約5年位まで高額買取の対象となります。
※ それ以上の期間で、買取できる商品もございますのでご相談下さい。
POINT4
まとめて複数、店頭へお持込みで、さらに高額査定
※ 2~3点以上の商品をまとめてご依頼ください。さらに査定UPにて買取致します。
※ 家電以外も取扱い商品が多々ございます、まとめて・買取コムがお得です!
POINT5
他のショップと買取金額を比較してみて下さい
※ あらかじめ、商品名・メーカー・型番(型式)・製造年・付属や保証の有無を
ご確認の上、分かる範囲でメモしてご連絡頂けるとスムーズです!

出張買取の対象地域

【神戸市】兵庫区 長田区 中央区 灘区 東灘区 北区 西区 垂水区 須磨区
【神戸市近郊】 芦屋市 西宮市 宝塚市 尼崎市 川西市 明石市 加古川市 稲美町 播磨町 高砂市 姫路市
【大阪市内】 北区 浪速区 中央区 福島区 此花区 旭区 都島区 城東区 鶴見区 東淀川区 淀川区 西淀川区 東成区 生野区 天王寺区 平野区 東住吉区 阿倍野区 住吉区 西区 港区 大正区 西成区 住之江区
【大阪府】 池田市 箕面市 茨木市 高槻市 枚方市 豊中市 吹田市 摂津市 寝屋川市 交野市 四条畷市 大東市 門真市 守口市 豊能町 能勢町 島本町 東大阪市 八尾市 松原市 藤井寺市 柏原市 羽曳野市 太子町 河南町 千早赤阪村 富田林市 大阪狭山市 河内長野市 高石市 泉大津市 和泉市 貝塚市 岸和田市
【堺市内】堺区 北区 中区 西区 東区 南区 美原区 他もお問合せ下さい。
これいくら?って思ったら、お問合せください!買取額をお伝えいたします!
0120-9898-86 (AM9:00~PM22:00)
送信フォーム
24時間受付中