サッポロ/Sapporo ビール

サッポロ/Sapporo ビール高価買取中!
リアルタイムの相場を元に買取額を算出しますので、常に適正な査定が可能です! 中古のものから新品のものまで、幅広く買取させていただきます。 店頭お持ち込み、出張お買取り、宅配でのお買取り等、方法も色々お選びいただけます。 お気軽に買取査定をご利用ください!
これいくら?って思ったら、お問合せください!買取額をお伝えいたします!
0120-9898-86 (AM9:00~PM22:00)
送信フォーム
24時間受付中

サッポロ/Sapporo ビールの商品説明

 サッポロビール株式会社が発売するビールです。

サッポロビール株式会社は、日本の大手ビールメーカーです。明治9年に政府の開拓使が北海道札幌市に「開拓使麦酒醸造所」を設立し、そこで作られた「冷製札幌ビール」が社名の由来とされています。

1949年9月1日の過度経済力集中排除法及び企業再建整備法の適用を受けた大日本麦酒株式会社の決定整備計画に基づき『日本麦酒株式会社』として設立し、1964年1月にサッポロビール株式会社に商号変更しています。その後、グループの持株会社体制への移行に伴い2003年7月1日にサッポロホールディングス株式会社に商号を変更、現業一切を同日設立された新設会社たる「サッポロビール株式会社」に分割譲渡し純粋持株会社に移行しました。

2010年からの企業スローガンは「乾杯をもっとおいしく。」ですが、スポーツ中継では「スポーツマンシップに乾杯!!」というスローガンも使われています。

・サッポロビール株式会社の主な商品
サッポロ生ビール黒ラベルは同社の主力商品です。『できたての生ビールのひと口目のうまさ』を思わせるバランスの取れた味わいが特徴となっており、金色の星(北極星)がシンボルです。2011年3月上旬より、旨さ長持ち麦芽を一部採用しています。
サッポロラガービールは日本のビールメーカーでは数少ない「熱処理」によるピルスナー系ラガービールで赤色の星がシンボルです。中瓶、大瓶のみが存在し飲食店中心の販売ですが、販売店によっては個人向けに販売をすることもあります。2008年9月、約30年ぶりに缶入り(350mlと500ml)が期間限定で復活販売され、好評につき2009年9月-10月にも再度缶入り製品の限定生産販売が行われました。

概要(wikipediaから転載)
1876年(明治9年)、開拓使の村橋久成や中川清兵衛を始めとする有志が、札幌に「開拓使麦酒醸造所」を設立し、翌年冷製札幌ビールを製造。

1886年(明治19年)、大倉喜八郎率いる大倉組商会が開拓使麦酒醸造所の払い下げを受けるが、1887年(明治20年)、大倉と渋沢栄一、浅野総一郎らが札幌麦酒株式会社を設立し、同社が製造販売を行う。

1906年(明治39年)に日本麦酒醸造(ヱビスビールを製造販売。三井物産系)・大阪麦酒(アサヒビールを製造販売)と合併し、大日本麦酒株式会社となる。この時、静岡県東部・長野県・新潟県以東での同社のブランドとしてサッポロビールは存続。

1933年(昭和8年)日本麦酒鑛泉(ユニオンビール・三ツ矢サイダーを製造販売。根津嘉一郎経営)を、1943年(昭和18年)櫻麦酒(サクラビールを製造販売。1939年帝国麦酒から社名変更。旧鈴木商店系)を合併し、大日本麦酒製品のシェアは全体の7割以上を占める事になった。

しかし、1943年(昭和18年)にビールの商標が禁止されサッポロビールのブランドは消滅。1949年(昭和24年)に、過度経済力集中排除法に基づき、朝日麦酒(現・アサヒビール)と、後にサッポロビールとなる日本麦酒に分割された際も、日本麦酒はニッポンビールのブランドを採用する事になり、サッポロブランドは引き続き封印されたままとなった。

やがて、ニッポンビールの苦戦と共に愛飲家の中からサッポロビール商標復活の声が起こるようになり、1956年(昭和31年)にまず北海道で復活。1957年(昭和32年)より日本全国でサッポロビールが発売されるようになり、1964年(昭和39年)に会社の商号も「サッポロビール株式会社」となる。商標復活には当時社長の松山茂助が尽力しており、彼はビール業界で数少ない醸造技術者出身の社長だった。

ビール類のシェアについて、会社分割後の1949年(当時・日本麦酒)は38.7%で第1位、引き続き1952年まで単独1位、1953年は原料配給の関係で日本・麒麟・朝日のシェアは3社同率、1954年は第1位が麒麟、第2位が朝日、日本麦酒は第3位に転落。1961年に第2位となり以降商号変更後も2位を継続し、1970年代の生ビール競争も善戦したが、1989年にアサヒが2位となったことでサッポロは第3位に転落。2008年にはサントリーにも抜かれ第4位に転落し、2009年も4位であった。自ら開拓した第3のビール分野でも、「のどごし〈生〉」などを揃えるキリンビールに抜かれシェア第2位に下がり、更に2008年・2009年上半期ブランド別ビール類販売数量順位にて、キリン・アサヒ・サントリーの第3のビール商品は順位入りしているがサッポロビールは一つも入っておらず、唯一ビールの黒ラベルがランクインしただけに留まった。サッポログループ全体では恵比寿ガーデンプレイスなどの不動産事業による利益が酒類販売による利益を圧倒しており(2006年度連結決算では酒類事業の経常利益9億円に対し、不動産事業は37億円)本業よりも不動産で稼いでいる「サッポロビル株式会社」と揶揄された事も。後述のスティール・パートナーズによる株取得も、不動産事業に目をつけたものであると言われている。

その経緯から北海道では最もポピュラーなビールとなっている。北海道内での鉄道の駅では同社の看板がよく見られる(「本場の味:サッポロビール」など)。また道内で単に「ビール」と注文するとサッポロビールが出ることが多い、という時期が長かった。しかし平成に入り、北海道でも他社のビールの追い上げが激しくなっており、しばしば北海道内限定のキャンペーン(近年は、「北海道は、サッポロビール。」の企業イメージCMが地元限定で放映されている)を行うなど、北海道でのシェア確保に尽力している。

一方で、旧大日本麦酒が分割された際、東日本を主要エリアとする日本麦酒(当時)として発足したためか、現在も大阪など関西・西日本地区でのシェアは低い状態が続いている。歴史的に見て、ブランド力ではアサヒビール(旧大阪麦酒として創業。その後旧大日本麦酒へ統合した後、同社の分割の際は西日本を主要エリアとする会社として発足した。)・サントリーの大阪発祥メーカーに、販売力ではキリンビールに、いずれも及ばないのが要因とされている。一時はその打開策として、吉本興業とのコラボレーション企画(後述の「よーし、もっと黒ラベル」キャンペーンほか)などが行われたこともあった。

サッポロビールのラベルに描かれている星は北極星(ポラリス)を表し、前身の開拓使麦酒醸造所を保有していた北海道開拓使の徽章であり、サッポロビールとなったあとも使用が続けられ、同社の伝統となっている。

現在のサッポロビールは、2003年(平成15年)7月1日に当時のサッポロビール株式会社(同日付でサッポロホールディングス株式会社と商号変更)の会社分割により設立されたものである。

2008年(平成20年)3月末をもって大阪工場(大阪府茨木市)が閉鎖され、現在の西日本の生産拠点は九州日田工場(大分県日田市:開設当時は「新九州工場」)の1ヶ所のみとなっている。

同業他社やアルコール取り扱いメーカーでも展開している容器入り低アルコール事業において、同社も2004年から参入し、缶入りチューハイ・カクテルを製造・販売していたが、ビール類(ビール・発泡酒・第三のビール)事業に経営資源を集中するため2007年(平成19年)までに業務用の「氷彩サワー」を除いて撤退した。しかし、若年層のビール離れが進み低アルコール飲料を好む状況から商品ラインナップの充実化が必要と判断して2010年(平成22年)に容器入り低アルコール事業に再参入し、同年5月26日に不二家との共同開発による「ネクターピーチサワー」を発売した。

サッポロ/Sapporo ビールの買取製品一覧

琥珀ヱビス 350ml ×24缶 / シルクヱビス 500ml ×24缶 / 薫り華やぐ ヱビス 500ml ×24缶 / ヱビス 大瓶 633ml ×20本 / ヱビス プレミアム ブラック 小瓶 334ml ×30本 / ヱビス 小瓶 334ml ×30本 / ヱビス 500ml ×24缶 / 黒ラベル 大瓶 633ml ×20本 / 黒ラベル 500ml ×24缶 / 黒ラベル 小瓶 334ml ×30本 / サッポロ ラガー 大瓶 633ml ×20本 / ヱビス 中瓶 500ml ×20本 / 黒ラベル 中瓶 500ml ×20本 / 薫り華やぐ ヱビス 350ml ×24缶 / ヱビス ファミリーセット YFM5DT / ヱビス プレミアム ブラック 350ml ×24缶 / シルクヱビス 350ml ×24缶 / ヱビス 350ml ×24缶 / 冬物語 350ml ×24缶 / ヱビス トリプルセット YSB5DT / 黒ラベル 350ml ×24缶 / ヱビスビール 缶セット YS5DT / ヱビスビール 大瓶ビールセット YB12 / ヱビス 250ml ×24缶 / 黒ラベル 250ml ×24缶 / ヱビスビール 缶セット YS4D / ヱビス トリプルセット YSB3D / ヱビスビール 缶セット YS3D / ヱビスビール 缶セット YSDS / 黒ラベル 135ml ×24缶 / ヱビスビール 大瓶ビールセット YB6 / ヱビスビール 缶セット YS2DS

サッポロ/Sapporo ビールの買取地域

お近くの買取コムはこちら
 
 
サッポロ/Sapporo ビールをもう使わない?売れないか?
が売り時サインです。すぐお持ち下さい。
不用品や処分品などもあわせてご依頼頂くと、
まとめてスッキリ!お力になれます。

サッポロ/Sapporo ビールの高額で売れるポイント

POINT1
キレイな状態に掃除がポイント
できる限り綺麗な状態で、商品をお預かり頂けると買取査定UP が可能です!
POINT2
取扱い説明書・外箱など付属品があると査定アップ!
中古品でも、付属品が購入された時の状態に近いほど、査定アップ致します。
説明書 ケーブル リモコン 外箱 保証書などの詳細も、ご連絡お願い致します。
※ 液晶テレビなど、外箱が付属しない状態でも高価買取のケースもございます。
※ また未使用でもバッテリー消耗[劣化寿命]する場合がございますのでご注意下さい
POINT3
家電なら、製造から約5年位まで高額買取の対象となります。
※ それ以上の期間で、買取できる商品もございますのでご相談下さい。
POINT4
まとめて複数、店頭へお持込みで、さらに高額査定
※ 2~3点以上の商品をまとめてご依頼ください。さらに査定UPにて買取致します。
※ 家電以外も取扱い商品が多々ございます、まとめて・買取コムがお得です!
POINT5
他のショップと買取金額を比較してみて下さい
※ あらかじめ、商品名・メーカー・型番(型式)・製造年・付属や保証の有無を
ご確認の上、分かる範囲でメモしてご連絡頂けるとスムーズです!

出張買取の対象地域

【神戸市】兵庫区 長田区 中央区 灘区 東灘区 北区 西区 垂水区 須磨区
【神戸市近郊】 芦屋市 西宮市 宝塚市 尼崎市 川西市 明石市 加古川市 稲美町 播磨町 高砂市 姫路市
【大阪市内】 北区 浪速区 中央区 福島区 此花区 旭区 都島区 城東区 鶴見区 東淀川区 淀川区 西淀川区 東成区 生野区 天王寺区 平野区 東住吉区 阿倍野区 住吉区 西区 港区 大正区 西成区 住之江区
【大阪府】 池田市 箕面市 茨木市 高槻市 枚方市 豊中市 吹田市 摂津市 寝屋川市 交野市 四条畷市 大東市 門真市 守口市 豊能町 能勢町 島本町 東大阪市 八尾市 松原市 藤井寺市 柏原市 羽曳野市 太子町 河南町 千早赤阪村 富田林市 大阪狭山市 河内長野市 高石市 泉大津市 和泉市 貝塚市 岸和田市
【堺市内】堺区 北区 中区 西区 東区 南区 美原区 他もお問合せ下さい。
これいくら?って思ったら、お問合せください!買取額をお伝えいたします!
0120-9898-86 (AM9:00~PM22:00)
送信フォーム
24時間受付中